ホーム  >  旧住吉村の住宅開発とその特徴

住宅地以前期(明治33年以前)

1874(明治7)年、住吉村には官営鉄道が開通し、住吉駅が設けられました。
官営鉄道開通から20年余り経った1897(明治30)年、住吉村は、田畑約90町、山林原野約400町、
戸数500あまりの農村だったのです。



草創期(明治33年~明治45年)

1905(明治38)、阪神電鉄は、集落を結ぶ形で海岸に近い方に路線を開きます。住吉村には住吉駅と呉駅が設置されます。
阪神電鉄開通直前の1900(明治33)年、朝日新聞創業者のひとり村山龍平は、御影町郡家に数千坪の土地を購入、住居を構えます。

1904(明治37)年には、住友銀行の初代支配人だった田辺貞吉が住吉村反高林、住友家の総理事を務めた鈴木馬左也が御影町郡家に住居を構えます。 村山らの動きに呼応する形で、1905(明治38)年、もしくは1907(明治40)年頃、後の日本住宅株式会社取締役社長、阿部元太郎と田辺貞吉は、 住吉村観音林・反高林一帯を住吉村から坪7厘を20年契約で借り受け、1万坪あまりの山林を上下水道の完備した宅地に開発する事業に乗り出したのです。

1910(明治43)年、住吉村周辺住民から、幼稚園および小学校を設立して児童通学の便を計りたいとの声があがり、住民らによって計画されます。 発起人のうち創立活動に携わったのは、田辺貞吉、才賀藤吉、弘世助太郎、平生釟三郎、生島永太郎、岸田杢、阿部元太郎、野口孫市、山口善三郎など、 住吉村に早い時期に移住していた11名でした。

1911(明治44)年、村会の議決を経て、住吉村は村有地である住吉村反高林3,900坪あまりを無償で提供し、
一方で寄付金を募り工費を得、阿部元太郎の監督のもと、建築家野口孫市の設計で私立甲南幼稚園が竣工したのです。
翌年には、財団法人甲南学園の設立が認可され、甲南小学校が開校したのです。
これは、阪神間の最初の私立小学校でもあったのです。
甲南学園が設立された1912(明治45)年には、住民同士の交流や地域のまちづくりを考える場所が欲しいという声もあがり、
阿部元太郎、田辺貞吉、野村元五郎、芝川栄助、静原治郎などが発起し、観音林倶楽部が設立されました。
この設立にあたり、住吉村は甲南学園と同様、住吉村反高林の土地を無償提供したのでした。



隆盛期(大正元年~昭和18年)

住吉村は、明治期に実業家たちの移住、阿部による宅地開発事業があり郊外住宅地の萌芽がみられます。

住吉村は、大正期に入ると耕地整理事業が行われます。
耕地整理事業にかけられたのは33町で、阪神国道線以南でした。
一方、官営鉄道以北にあたる地区は、昔のあぜ道をそのままに市街地化したのです。
耕地整理事業は、1917(大正6)年から1924(大正13)年にかけて行われ、
完了した1924(大正13)年には、ただちに住宅地に転用されました。

1920(大正9)年、箕面有馬電気軌道(現・阪急電鉄)が開通したのでした。

これより、大正期の住吉村周辺の地域は、多数の実業家が移り住み、
その住宅の規模は大きく、生活の本拠地として機能していたことがわかります。
1927(昭和2)年には阪神国道電軌道が開通、人口も増大し続け郊外住宅地として隆盛期に入ったと言えます。



阪神間の邸宅街

箕面有馬電軌による池田室町住宅の開発は1910(明治43)年でしたが、
その約10年前の1900(明治33)年頃からにわかに関西財界人が次々と邸宅を構えはじめたのです。
朝日新聞の創設者村山龍平が御影郡家の弓鶴羽神社横に数千坪という
広大な土地を購い居を構えたのが嚆矢とされるのです。
もっとも、その背景に、1874(明治7)年の官営鉄道東海道線大阪─神戸間の開通が
あることを忘れてはいけません。

同じ1905年には、のちに雲雀丘の住宅地開発を行う日本住宅株式会社社長阿部元太郎が
住吉村の住吉川右岸観音林で住宅地の開発を進めましたが、
これを機に同年関西の名だたる会社の社長・重役が邸宅敷地を取得していくことになったのです。
同じ住吉川右岸の下流部に位置する反高林に、
住友銀行初代支配人田辺貞吉(のちの住吉本邸、現在は住友不動産の中高層マンション)、
郡家に住友家総理事鈴木馬左也、郡家兼安に岩井商店店主岩井藤次郎といったように、
このリストはさらにつづくのです。
1908(明治41)年牛神に日本生命社長弘世助三郎邸、
1912(明治45)年雨ノ神に大日本紡績創業者田代重右衛門邸、
1912(大正元)年牛神前に東洋紡績社長小寺源吾邸、年代は特定できないが、
おそらくそれより先に反高林に同じく東洋紡績社長阿部房次郎邸、
1921(大正10)年小林に野村財閥の野村徳七郎邸、また大正中期には観音林に鐘ヶ淵紡績社長武藤山治邸、
1925(大正14)年には先の田辺の敷地に住友本邸が建設されます。
1912(大正元)年には、阿部らによって観音林倶楽部が設立され、
邸宅街のなかに親睦施設(現・住吉学園の敷地)ができたのです。


昭和に入りますと、手崎に先の小寺源吾の養父で関西学院教授の小寺敬一郎邸(1930(昭和5)年)、
上ノ山に大林組の大林義雄邸(1932(昭和7)年)、観音林に野村銀行の野村元五郎邸、(1932年)、
川向に弘海商店主弘海二三郎邸(1939(昭和14)年)、牛神東に住友義輝邸(1932年)、手崎に武田薬品工業の武田長兵衛邸(1932年)、小坂山に大阪の大地主和田久左衛門邸(1932年)、
井手口に乾汽船社長の乾豊彦邸(1936(昭和11)年)が次々と建てられていきます。
1932(昭和7)年の建設ラッシュは特筆できるのです。
このほか、安宅産業、伊藤忠、丸紅、兼松、江商などの有力商社の社長宅も建てられていったのです。
こうした邸宅の特長は、私鉄経営の住宅地や耕地整理事業による住宅地開発に比して、
広い宅地面積を有していることにあります。
  • 絞込み検索
  • 検索

ページトップへ